食品業界に転職しよう

リクナビNEXT  [ 約1分で登録完了! ]

食品業界に転職するならまず、転職者の90%が利用している「リクナビNEXT」に登録しよう。登録することで非公開求人を探しやすくなり、他では見つけられなかった良質案件を探せる可能性も。



リクナビNEXTの口コミ評判:

登録することで企業側から連絡が来るスカウト機能とやらが特徴らしいが、果たして本当に来るのだろうか・・・と半信半疑。でもスカウトランキングを見ると食品業界勤務の24歳の方に90件近いオファーが届いているではないか。これなら私にもチャンスが・・・と期待しての登録。これでまったく来なかったら泣ける。



今の食品業の会社に転職したのは、インターネットで転職支援サイトを検索していて、ここを見つけたからです。仕事内容は営業職と、食品製造部門での仕事で求人していました。これまで住宅会社の営業など主に販売に関わってきたので、営業職で応募しました。最初は返事がなかなかなく、駄目だったと諦めた時に内定の連絡がありホッとしました。(48才・男・食品業)



冷凍食品の卸をしている会社に、リクナビNEXTを通じて転職したのは今年の初めでした。食品業はまったく素人で、取り扱い商品を覚えることから始めました。それでも会社の方々が親切で、失敗ばかりしている私を何かと助けてくれます。前の会社では人間関係が原因で辞めただけに、いいところに転職できたと思っています。(34才・女・食品製造)



和菓子メーカーに転職した20代の男性ですが、これまでは警備会社で働いていました。警備会社の仕事は夏の暑い時や、冬の寒い時も外に立ち尽くす仕事でした。それがたまたまネットをみていたら、リクナビNEXTのサイトに未経験者OK!と書かれていました。食品業などで働いた経験はありませんでしたが、面接での熱意が通じたのか内定をもらいました。(24才・男・和菓子メーカー)



食品業から海外にある、コールセンターに転職が決まりました。海外といってもタイにあるコールセンターで、リクナビNEXTの手配で日本で面接を受けました。日本にあるコールセンターをタイに移したもので、日本からはインターネット回線でかかってきてすべて日本語で対応します。研修も終わり、来月にはタイで働きます。(24才・女・コールセンター)



食品関連の仕事はどんな仕事がある?

食品関連の仕事と言えば、スーパーや百貨店や小売り店、その他のお店などでの販売や、食品関連の商品の仕入れや管理をする
バイヤーの仕事など、さまざまな仕事があります。食品売り場でのレジ業務も食品関連の仕事に入ります。

食品関連の仕事に転職するには、スーパーや百貨店や小売り店などのお店の求人を探せば、食品関連の仕事に
転職できます。レジ経験や、販売職の経験があれば、なお転職が成功しやすくなります。

ネットの転職サイトで検索すると、食品関連の仕事が探せるサイトもあります。転職支援サイトを利用して、
食品関連の仕事を探すことも、有利な転職方法です。

食品関連の転職求人を探すにはどうすればいい?


リクルートが運営している転職サイト「リクナビNEXT」は日本最大級の転職サイトです。
なんと転職者の80%が利用されています。

既にYahoo!Japna会員の方はわずか1分で無料会員登録できますので、 是非会員登録して転職探しに利用してください。

リクナビNEXTで食品関連の転職求人の探し方




リクナビNEXTで探せる有名食品関連求人企業Pick Up!

イオングループ、ほっともっと、ドン・キホーテ、マックスバリュ

関連知識:食品関連の仕事に転職したいと思っている方に役立つ情報です。また、テレビCMなどで、新商品のチェックも必要です。食品が好きな方や、興味がある方には、食品関連の仕事はやりがいがある仕事だと思います。食品の中でも、取扱い商品はさまざまで幅広いです。

また食品関連の仕事は、日付や鮮度の管理も必要です。季節や天候に左右される商品でもあります。日頃から、天候や催事、行事や、イベント情報などさまざまな情報を集めておくことも必要です。賞味期限の短い商品から、長い商品までさまざまな商品を取り扱うことが多いです。

お料理に興味がある方も、食品関連の仕事は、やりがいを持ってできると思います。食品を袋詰めしたり、加工したりと食品関連の仕事も幅広くあります。食品関連の仕事は、朝が早いことが多いです。食品の鮮度を保つ上からも、早朝勤務が多いです。朝型の生活になることが多いのが、食品関連の仕事の特徴です。食品の仕入れから、販売までを行う仕事もあります。責任のある仕事ですが、やりがいもある仕事です。


食品業界へ転職したい方必見!おすすめ特集



トップページ 食品業界で転職するなら押さたい5つのステップ おすすめ転職サイト